#follow4followback Instagram Photos & Videos

follow4followback - 21290034 posts

Latest Instagram Posts

  • ensta_photo - 艷-En- @ensta_photo 8 hours ago
  • #fashion ブランド紹介②
【Yohji Yamamoto】
1972年、山本耀司がY's(ワイズ)設立。
.
.
山本耀司は、1943年、東京生れ。
慶応義塾大学法学部、文化服装学院卒業。
69年「装苑賞」「遠藤賞」を受賞。
72年ワイズ設立。
81年に発表したパリコレクションで
当時タブーとされていた“黒”を前面に
押し出したショーを発表し、
“黒の衝撃”と称され一大旋風を巻き起こす。
賛否両論の評価を受けつつも、時代に
流されないその反骨精神モード業界に
革命をもたらす。
.
.
山本のデザインは、彼の打ち出した
アシメトリックなカッティング、
身体と服の間に空気をはらむような
シルエットは、ボディコンシャスな時代の
ファッションの慣習を覆すものだった。
素材感でみせるレイヤードやドレーピングで
見せる独自のスタイルは、ファッションの
美意識を書きかえ、伝統的な男性服の
スタイルを女性服にとり入れるなど、
彼のコレクションはジェンダーの固定観念を
打破したと言われる。アバンギャルドかつ
クラシックなスタイルは、80年代以降、
世界を代表するデザイナーへとなっていく。
.
.
.
#yohjiyamamoto
#yohjiyamamotopourhomme 
#ファッションプレス #fashionpress #fashion ブランド紹介② 【Yohji Yamamoto】 1972年、山本耀司がY's(ワイズ)設立。 . . 山本耀司は、1943年、東京生れ。 慶応義塾大学法学部、文化服装学院卒業。 69年「装苑賞」「遠藤賞」を受賞。 72年ワイズ設立。 81年に発表したパリコレクションで 当時タブーとされていた“黒”を前面に 押し出したショーを発表し、 “黒の衝撃”と称され一大旋風を巻き起こす。 賛否両論の評価を受けつつも、時代に 流されないその反骨精神モード業界に 革命をもたらす。 . . 山本のデザインは、彼の打ち出した アシメトリックなカッティング、 身体と服の間に空気をはらむような シルエットは、ボディコンシャスな時代の ファッションの慣習を覆すものだった。 素材感でみせるレイヤードやドレーピングで 見せる独自のスタイルは、ファッションの 美意識を書きかえ、伝統的な男性服の スタイルを女性服にとり入れるなど、 彼のコレクションはジェンダーの固定観念を 打破したと言われる。アバンギャルドかつ クラシックなスタイルは、80年代以降、 世界を代表するデザイナーへとなっていく。 . . . #yohjiyamamoto #yohjiyamamotopourhomme #ファッションプレス #fashionpress
  • #fashion ブランド紹介② 【Yohji Yamamoto】 1972年、山本耀司がY's(ワイズ)設立。 . . 山本耀司は、1943年、東京生れ。 慶応義塾大学法学部、文化服装学院卒業。 69年「装苑賞」「遠藤賞」を受賞。 72年ワイズ設立。 81年に発表したパリコレクションで 当時タブーとされていた“黒”を前面に 押し出したショーを発表し、 “黒の衝撃”と称され一大旋風を巻き起こす。 賛否両論の評価を受けつつも、時代に 流されないその反骨精神モード業界に 革命をもたらす。 . . 山本のデザインは、彼の打ち出した アシメトリックなカッティング、 身体と服の間に空気をはらむような シルエットは、ボディコンシャスな時代の ファッションの慣習を覆すものだった。 素材感でみせるレイヤードやドレーピングで 見せる独自のスタイルは、ファッションの 美意識を書きかえ、伝統的な男性服の スタイルを女性服にとり入れるなど、 彼のコレクションはジェンダーの固定観念を 打破したと言われる。アバンギャルドかつ クラシックなスタイルは、80年代以降、 世界を代表するデザイナーへとなっていく。 . . . #yohjiyamamoto #yohjiyamamotopourhomme #ファッションプレス #fashionpress
  • 246 5
  • ensta_photo - 艷-En- @ensta_photo 8 hours ago
  • #fashion ブランド紹介①
【COMME des GARÇONS】
1969年、川久保玲が設立。
.
.
創業者でデザイナーの川久保玲は
1942年東京生まれ。
慶應義塾大学文学部哲学科卒業。
旭化成に入社し、繊維宣伝部で
スタイリストを経験。その後フリーランスの
活動を経て「コム デ ギャルソン」の
婦人服の製造と販売をスタート。
1973年に株式会社コム デ ギャルソンを設立、
レディースウェアの製造販売を開始。
ブランド名の由来はフランス語で
「少年のように」、川久保は、
ファッションの正規教育を受けていない。
.
.
ギャルソンのスタイルは、社会に
流されることのない、自立した女性像を
デザインに落とし込んだもので、
従来型の女性らしさのない、ルーズな
シルエットに黒などモノトーンな色を多様、
孤高の女性を描いた。
.
.
また顧客向けにビジュアル誌を発行するなど、
顧客とのコミュニケーションも独特で、
広告や写真に登場するモデルはカメラを
睨み付けるような表情だった。
このようなスタイルが一部から熱狂的な
支持を得て、80年代には、黒の服に
おかっぱ頭の女性が街中を歩き、
「カラス族」と言われるスタイルを生み出した。
.
.
日本で成功をおさめると、
山本耀司(ヨウジヤマモト)とパリに渡り、
81年にパリ プレタポルテ・コレクションに
デビュー。初のパリでの展示会と
ミニショーを行った。それ以来、
パリを中心にコレクションを展開している。
パリでの最初のコレクションは
センセーショナルで、賛否両論。
華やかなデザインが主流だった時代に、
穴の開いたセーターや、それまでモードの
世界で禁欲的な色として敬遠されていた
黒を用いたファッションを発表したことで、
服飾の既成概念を崩したアバンギャルドで
斬新な表現手法は「広島シック」
「黒の衝撃」と言われ批判を受けたが、
アバンギャルドかつクラッシックな
スタイルは徐々にクリエイティブな
若手デザイナーから受け入れられていった。
こうしてヨウジヤマモトとともに
「ボロルック」と呼ばれる黒を主体とした
独特のファッションで、独自の世界を
作り上げていった。
.
.
コム デ ギャルソンは山本耀司、
三宅一生(イッセイ ミヤケ)らと並び
世界から注目を集め、80年代の
DCブランドブームを引っ張り、
国内外で地位を確立した。
.
.
.
#commedesgarcons
#commedesgarconshommeplus 
#ファッションプレス #fashionpress #fashion ブランド紹介① 【COMME des GARÇONS】 1969年、川久保玲が設立。 . . 創業者でデザイナーの川久保玲は 1942年東京生まれ。 慶應義塾大学文学部哲学科卒業。 旭化成に入社し、繊維宣伝部で スタイリストを経験。その後フリーランスの 活動を経て「コム デ ギャルソン」の 婦人服の製造と販売をスタート。 1973年に株式会社コム デ ギャルソンを設立、 レディースウェアの製造販売を開始。 ブランド名の由来はフランス語で 「少年のように」、川久保は、 ファッションの正規教育を受けていない。 . . ギャルソンのスタイルは、社会に 流されることのない、自立した女性像を デザインに落とし込んだもので、 従来型の女性らしさのない、ルーズな シルエットに黒などモノトーンな色を多様、 孤高の女性を描いた。 . . また顧客向けにビジュアル誌を発行するなど、 顧客とのコミュニケーションも独特で、 広告や写真に登場するモデルはカメラを 睨み付けるような表情だった。 このようなスタイルが一部から熱狂的な 支持を得て、80年代には、黒の服に おかっぱ頭の女性が街中を歩き、 「カラス族」と言われるスタイルを生み出した。 . . 日本で成功をおさめると、 山本耀司(ヨウジヤマモト)とパリに渡り、 81年にパリ プレタポルテ・コレクションに デビュー。初のパリでの展示会と ミニショーを行った。それ以来、 パリを中心にコレクションを展開している。 パリでの最初のコレクションは センセーショナルで、賛否両論。 華やかなデザインが主流だった時代に、 穴の開いたセーターや、それまでモードの 世界で禁欲的な色として敬遠されていた 黒を用いたファッションを発表したことで、 服飾の既成概念を崩したアバンギャルドで 斬新な表現手法は「広島シック」 「黒の衝撃」と言われ批判を受けたが、 アバンギャルドかつクラッシックな スタイルは徐々にクリエイティブな 若手デザイナーから受け入れられていった。 こうしてヨウジヤマモトとともに 「ボロルック」と呼ばれる黒を主体とした 独特のファッションで、独自の世界を 作り上げていった。 . . コム デ ギャルソンは山本耀司、 三宅一生(イッセイ ミヤケ)らと並び 世界から注目を集め、80年代の DCブランドブームを引っ張り、 国内外で地位を確立した。 . . . #commedesgarcons #commedesgarconshommeplus #ファッションプレス #fashionpress
  • #fashion ブランド紹介① 【COMME des GARÇONS】 1969年、川久保玲が設立。 . . 創業者でデザイナーの川久保玲は 1942年東京生まれ。 慶應義塾大学文学部哲学科卒業。 旭化成に入社し、繊維宣伝部で スタイリストを経験。その後フリーランスの 活動を経て「コム デ ギャルソン」の 婦人服の製造と販売をスタート。 1973年に株式会社コム デ ギャルソンを設立、 レディースウェアの製造販売を開始。 ブランド名の由来はフランス語で 「少年のように」、川久保は、 ファッションの正規教育を受けていない。 . . ギャルソンのスタイルは、社会に 流されることのない、自立した女性像を デザインに落とし込んだもので、 従来型の女性らしさのない、ルーズな シルエットに黒などモノトーンな色を多様、 孤高の女性を描いた。 . . また顧客向けにビジュアル誌を発行するなど、 顧客とのコミュニケーションも独特で、 広告や写真に登場するモデルはカメラを 睨み付けるような表情だった。 このようなスタイルが一部から熱狂的な 支持を得て、80年代には、黒の服に おかっぱ頭の女性が街中を歩き、 「カラス族」と言われるスタイルを生み出した。 . . 日本で成功をおさめると、 山本耀司(ヨウジヤマモト)とパリに渡り、 81年にパリ プレタポルテ・コレクションに デビュー。初のパリでの展示会と ミニショーを行った。それ以来、 パリを中心にコレクションを展開している。 パリでの最初のコレクションは センセーショナルで、賛否両論。 華やかなデザインが主流だった時代に、 穴の開いたセーターや、それまでモードの 世界で禁欲的な色として敬遠されていた 黒を用いたファッションを発表したことで、 服飾の既成概念を崩したアバンギャルドで 斬新な表現手法は「広島シック」 「黒の衝撃」と言われ批判を受けたが、 アバンギャルドかつクラッシックな スタイルは徐々にクリエイティブな 若手デザイナーから受け入れられていった。 こうしてヨウジヤマモトとともに 「ボロルック」と呼ばれる黒を主体とした 独特のファッションで、独自の世界を 作り上げていった。 . . コム デ ギャルソンは山本耀司、 三宅一生(イッセイ ミヤケ)らと並び 世界から注目を集め、80年代の DCブランドブームを引っ張り、 国内外で地位を確立した。 . . . #commedesgarcons #commedesgarconshommeplus #ファッションプレス #fashionpress
  • 218 7